パパが私に言いました

  • 2017.07.14 Friday
  • 10:45

 

小学校4年生のとき、母が気まぐれで買ってくれた本を

私はなぜか気に入って、繰り返し繰り返し繰り返し、

ぼろぼろになり、表紙がとれるまで読み込みました。

 

ざっくり言えば、

普通のおしゃまで歌のうまい少女が、

不屈の精神と己の才覚で運命を切り開いていく物語です。

才能を生かして歌手にはなりましたが、

それが「ゴール」ではなかったところも気に入りました。

 

タイトルは、獅子文六作『悦ちゃん』です。

 

特に憧れたのは、

主人公「柳悦子」を物心ともに支える健気な大和撫子「池辺鏡子さん」です。

2人目を妊娠し、その子が女の子だと知らされたとき、

妊娠やお産ではっちゃけているだけだからと己に言い聞かせ、

誰にも相談はしなかったけれど、

「鏡子」と名付けたいなーと半分本気で考えたほど、ほれ込みました。

 

最近、ツイッターのタイムラインに

「昭和初期の女児のセーラー服」という画像とツイートが流れてきたのを見て、

あー、悦ちゃんの世界じゃんと大興奮し(セーラー服で興奮って…)

例の表紙の取れた本を読み返したり、ネットで検索したりしたら、

『悦ちゃん』がNHKでドラマ化、それも15日初回放送という情報が

偶然にも入ってきました。それが4日ほど前のことです。

 

原作に触れたことがあるものが映像化されると、

人は大なり小なり原作厨みたいなことを言い出すものですが、

それが好きな作品ともなれば、なおのことです。

「柳碌太郎がユースケ・サンタマリアか…

悦ちゃんは子役の子なのでよくわからない。

細野夢月がオカケンっていうのはちょっと気になるなあ」

キャストをざっと見た感想は、こんな感じでした。

 

ユースケさんは好きでも嫌いでもありませんが、

(『ピノキオ』のロベルト・ベニーニの吹替が残念だったのは

映画そのもののせいもあるので何とも…)

求められる個性なんだろうなということは理解できます。

「でも、碌さんかあ…もう少しテンション低そうな人がよかったなあ」

 

見るか見ないか決定し切れない微妙な気持ちです。

見て気に入れば「ここが面白かった」と感想を書くと思いますが、

気に入らなかったら、よほどのことがない限り「なかったこと」にするのが

基本的に事なかれ主義であるワタクシ流です。

 

10年以上前ですが、ある少女漫画がNHKの子供向け枠でドラマ化されたとき、

原作ファンの間でケチョンケチョンの大酷評大会になったことがありました。

私もその原作の大ファンだったので、

匿名に紛れて「○○は絶対こんなこと言わない」的なことを書き込んだりしました。

(○○は飛影ではありませんよ、念のため)

タイトルは伏せますが、主人公の少女の名前が「チエ」によく似た響きだったこともあり、

「テツ(父親)がちゃんと働いてる『じゃりン子チエ』」みたいな雰囲気だったのです。

いっそオシャレ女子的『じゃりン子チエ』みたいなポジションだったら、

逆に好評だったかもしれません。

 

「スタッフはちゃんと原作読んでない」「キャラを全く理解していない」

「タイトルと役名だけ借りた別の何か」

原作ファンが口々に悪口とも批評ともつかない感想を発信して溜飲を下げていたとき、

原作の方を知らず、単純にドラマのファンという小学生のお嬢さんがいるらしいお母様が、

「皆さんのひどい言葉のせいで、うちの娘が悲しんでいる」と発信していました。

 

当時のネット事情を考えれば、

確かに子供でも閲覧はある程度自由にできたでしょうが、

親が制限することもできる――というより、それがごくごく普通でした。

「あんたが(ネット)見せなきゃいい話だろう」って話なんですが、

その後は、自分が嫌いなものを好きな人もいるということだけは

いつも肝に銘じて発言するくせはつけるようになりました。

 

逆に最近は、好きなものについて発信しても、

「それが見るのも嫌なほど嫌いな人の気持ちがわからないのか?」

「(有名人のライブの場合)チケット抽選落ちた人のことも配慮して」

という、斜め上と言いたくなるようなリアクションが飛び出すことがあります。

それこそ「シランガナ」で一蹴ですし、

少しでも絡まれるのが嫌なら一言も発言しなきゃいいだけです。

「私、それ嫌い!」系の人は、それを発言するが自分の正義であり、

それにのっとって行動しているだけなので、

黙れと言われて黙る人たちではありませんものね(もちろん、私も黙りません)

 

私の長い与太話は置いておいて、『悦ちゃん』は幅広い層の人が楽しめる佳作です。

ドラマ効果で原作が話題になれば「それはそれで…」と思えるので、

その点は楽しみです。

 

悦ちゃん(ちくま文庫)

獅子文六

何か表紙がすごいことに…

https://www.amazon.co.jp/dp/B01JA1LKSK/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

悪口にならない悪口

  • 2017.07.13 Thursday
  • 23:46

 

面識のない、というより正体の全くわからない人に

「あなたは自己弁護ばかりしている」と言われました。

 

はい、そのとおりです。

その人は私を批判――というより傷つける目的でそう書いたのでしょうが、

残念ながら私にとってそれは「潔くない」という意味の悪口にはなり得ません。

 

「あなたはご飯ばかり食べていますね」

「あなたはお風呂ばかり入っていますね」

「あなたはスーパーでばかり買い物しますね」

「あなたは声優ラジオばかり聞いていますね」

「あなたは…(以下略)」

 

上記のフレーズを浴びせられても傷つかないのと一緒です。

 

それぞれに答えるならば、

「はい、生きてるだけで腹減るもんですから」

「そんなあ。源しずかちゃんほどじゃないですよー」

「近場で便利だし、それが分相応と心得ていますんで」

「はい。声優さんって面白い人が多いんですよ」

「(ケース・バイ・ケース)」

となります。

 

例えば、

「あなたはジャニーズタレントが出ているドラマばかり見ていますね」

と言われたら、「そんなことありませんけど…」否定すると同時に、

「どうしてそう思ったんですか?」と聞くかもしれません。

 

ここ10年で見たドラマを振り返って、

「ジャニーズのヒト」が出ているドラマだけをピックアップすると、

『魔王』『クイズ・ショウ(リメイク)』『スマイル』『掟上今日子の備忘録』

あたりが該当しました。それぞれを見た理由は、

「大野智君は実は演技がうまいと思うから」

(↑その前にたまたま嵐が5人そろって出演した映画を3本見ていた)

「ラーメンズの片桐仁×戸次重幸のバージョンが好きだったから」

「次女が松潤のファンだったので、お付き合いで」

「シャフトアニメみたいな映像処理が面白いと聞いて」

でした。

見た理由はどうでもいいとしても、

この10年ぐらいでも、ざっと思い出せる程度しか見ていません。

というよりも、テレビドラマ自体をその程度しか見ていない、が正解です。

すなわち「ジャニーズタレントが出ているドラマばかり」は見ていません。

さらに攻撃的な言葉を使って反論するならば、

「一部だけ見て理解したようなことを言うと、恥かきますよ?」

とでもなりましょうか。

 

私が自己弁護というか、言い訳みたいなことばかり言う性質であることは、

どうでもいいことについて、ここまでクドクド書いていることからもわかるでしょう。

 

当たっていることについては(面倒だし)否定はしません。

そして、否定にしろ肯定にしろ、余計なことをくっつけてしまい、

口数が異常に増えるのは、「説明不足よりはましかなあ」と思うからです。

 

もう一つ付け加えれば、

「自己弁護や言い訳をしない人がこの世に存在するのかしら?」

とも思います。

当然、私をその言葉で非難したその方も、

「自己弁護ブーメラン」で生傷いっぱいこさえてそうな人でした。

誕生日の朝のポスト

  • 2017.07.13 Thursday
  • 11:29

 

今日は特に「急ぎ出し」の案件がなかったため、娘を学校に送る旦那の車に便乗して、

帰りに2人で「朝昼ごはん」を食べることにしました。

 

娘と私のような「女子2人」なら、カフェメシやら朝モスでキャッキャもあり得るのですが、

旦那と私のような「おっさん・おばさん」コンビでは、やや気恥ずかしくもあり、

6時半からオープンしている市場の食堂に行って、

こだわり海鮮丼(1,480円)を食べることになりました。

 

新鮮!安くておいしい市場食堂!!

http://www.ko-suisan.co.jp/market/shokudo.html

 

今日は私の49歳の誕生日です。

昨日17歳になった次女からは、リトルミィのグッズを幾つか、

11月に48歳になる旦那からは、ネイビーブルーのかわいいトートバッグ、

1月に26歳になった長女からは

LINEで「プレゼントは来週送ります」のメッセージをもらいました。

 

家族におめでとうと言ってもらえるだけでも(幾つになっても)結構うれしいのに、

物もらったり、ゴチになったりすると、やっぱり嬉しさひとしおです。

海鮮丼のホタテと赤貝、おいしかったわぁ。

味噌汁は自分では滅多につくらない(うまく扱えないから)赤だしだったし、

辛子の利いたお香の物も好きだし、朝から最高の贅沢を味わいました。

 

家に帰ったら、先日Amazonで注文した本が届いていました。

ここはアフィブログではないので、心置きなくリンクを貼ります。

書名を見て興味が出た方は、ぜひチェックを。

 

身もフタもない日本文学史 (PHP新書) 

清水 義範

https://www.amazon.co.jp/%E8%BA%AB%E3%82%82%E3%83%95%E3%82%BF%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%AD%A6%E5%8F%B2-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%B8%85%E6%B0%B4-%E7%BE%A9%E7%AF%84/dp/4569709834/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1499913880&sr=1-1&keywords=%E8%BA%AB%E3%82%82%E3%83%95%E3%82%BF%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%AD%A6%E5%8F%B2

 

雨だし、直近の納期は明日だし、

今日は仕事ボチボチにして、お気に入りのグレープフルーツジュースでも飲みつつ、

こういうものでものんびり読もうかと画策中です。

私は「陰口」しか言わないようにしています(威張ることでもない)

  • 2017.07.06 Thursday
  • 14:09

 

女性には俗に「更年期」といわれるものがあります。

年齢でいうと40〜50代あたりを指しますが、

どちらかというと、ホルモンバランスの乱れで心身の不調が原因とされる

「更年期障害」という言葉がひとり歩きして有名ですね。

 

年齢的には大分若くても、一般的にいわれる更年期障害的な症状があらわれる

「若年性更年期」「プレ更年期」なんて表現もあるくらいです。

レアとはいえ、2、30代で閉経するケースもあるといいますから、

一概に年齢だけでは切れないはずなのですが、

何なら中年女性をののしるときに使う言葉、

ぐらいに思われているふしがあるのが気になります。

 

といいつつ、私も30代の頃、

当時まだ幼かった次女と、ティーンエイジャーの長女を見て、

自分と子供たちの10年後を思い描いたときに、

「次女がナマイキ盛りの頃には、私はコーネンキのおばちゃんか…

毎日けんかしてそう」

なんてぼんやり思っていました。

 

現実はというと、

次女は確かに生意気盛り、私が加齢なりの心身の不調はあるものの、

風呂はほぼ毎日一緒に入るわ、次女の「腐」妄想話を聞くわ、

「深夜のコンビニ(歩いて1分)っていいよねー。行こ行こ(目的なし)」

と誘われて同行するわ、

通学バスで暇だからとLINEを送りまくってくるのにいちいち返すわで、

自分でもあきれるほどの付き合いのよさを発揮しつつ、

少なくとも母娘関係に起因するストレスはたまっておりません。

正直、ここまで良好な関係でいられるのは結構ラッキーな気がします。

 

もちろん「調子に乗るな小娘」「ちゃんとせえ」と叱ることもありますが、

こういう台詞はどちらかというと、淡々と言った方が効果があります。

無駄に大声で怒鳴るのはエネルギーを消費するだけだし、

カラオケで「ジョジョ〜その血の運命」でも熱唱した方が、よほどスカッとします。

些細なことで金切声でギャーギャー当り散らす方が、

想像してみると、自分にとってはずっとストレスがたまりそうです。

 

してみると、気になるのは今話題の豊田真由子氏(42歳)のことです。

体裁的には立派な学歴、輝かしい職歴、高い社会的地位を持ったあの人が、

一体どんなストレスがあって「このハゲーッ」なんて絶叫音声を

世間に公表されるに至ったんでしょう。

私は仕事上のストレスがゼロとは言いませんが、

「よきクライアントには誠心誠意、そうでないクライアントには最低限」

をモットーに、淡々とキーボードを打つだけの日々です。

己の社会的地位の低さに感謝すべきなのではないかと思えてきます。

 

ともあれ、あのヒステリー(暴力沙汰も?)ぶりも、

その社会的影響は置いておくとして、

「何が彼女をそうさせた?」「やっぱり更年期障害じゃね?」と、

実に雑に片づけられてしまうんですよね、彼女が40代の女性であるというだけで。

 

突然話は変わりますが、私はハゲの男性が嫌いではありません。

ここで欧米人の名前ばかり出すのがフェアではないかもしれませんが、

俳優のベン・キングズレーとか、日本文学者のロバート・キャンベル先生とか、

それぞれの知性や風格も相まって、超イケメンだと思っています。

惜しくも70歳になる前に亡くなってしまいましたが、

ピート・ポスルスウェイトも大好きでした(『ブラス!』最高)。

 

一般の日本人でも、例えば公共の場でたまたま居合わせた頭髪の薄い人に対し、

「うわ、ハゲ来た。ハゲ移るからそばに寄らないでよハゲ」

なんて失礼な感想を抱くことはありません。

これはある程度見知った方に対しても同様です。

ただし、そのハゲた人が大変恥知らずなマナー違反をする、

人を傷つけるような暴言を吐く、とにかく何かヤダ!と思う部分が見えたら、

「うっさいハゲ」「ひっこめハゲ」くらいのことは思うし、

家庭内では口に出すかもしれないし(旦那は今のところ一応ふさふさですが…)

ブログでは結構えげつなく書いてきたと思います。

 

でもこれって、

中年女性に「コーネンキショーガイ」と言っとけば事足りると思うような、

例の発想とそんなに変わらないでしょうか。

控えた方が賢明でしょうかね。当該者に面と向かっては言いませんけど。

 

もしこちらをたまたまお読みになってくださっている方で、

頭の禿げた方がいらしたら、不愉快な思いをなさっているかもしれないこと、

まずお詫び申し上げます。

その上で言い訳をさせていただきますと、

私は頭の禿げた人をざっくりディスる意図で

「ハゲ!」と発言することはありませんし、

自分と全く絡まない頭の禿げた方に対してもそうは言いません。

つまり、ここで書き散らされた数々の「ハゲ」が

あなたのことを言っている確率はほぼゼロであることを

ご理解いただければ幸いです。

真心の言葉は伝わる、といういい話風のそうでもない話

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 10:39

 

外勤めの頃、コミュ障の割に可愛がられる方でした。

まだ若くて可愛かったというのは大きかったと思いますが、

(少なくともチョウチンアンコウやハダカデバネズミには圧勝という程度には

可愛かったと自負しております)

「人をいい気分にさせるのがうまい」と思われていたふしがあります。

 

その1「お嬢さん4人でしたっけ?」

 

同じ職場で違う係の係長さんには、美人な奥様と3人のかわいい娘さんがいまして、

時々、家族旅行先で撮った写真を見せてくれました。

仕事柄、定期的に職場を訪れる現像プリント業者の方がいたので、

個人的な写真もそこでお願いしているようでした。

 

いつものように、仕上がりチェックがてら写真を見ていた係長さんの背後に人が集まり、

ここ行ったことがあるとか、この間(写真の旅行先で買った)のお土産がおいしかったとか、

口々に無難なことを話していた中、まだ若くて可愛かった私はこう言いました。

 

「あれ、お子さん3人っておっしゃってましたよね?4人?

こんな立派なお嬢さんもいたんですか?」

 

誓って言いますが、私は歓心を買うためにお上手を言ったわけではなく、

ふと浮かんだ疑問を口にしただけでした。

さすがに当時40代前半だった係長さんの、3人子供を産んだ奥様を

15歳以下だと思ったわけではありませんが、

とてもきれいで若々しくて、頑張れば20代ぐらいに見えたので、

あら?ひょっとしたらすごく結婚早かった系?くらいの気持ちで聞いただけでした。

 

…それ以来、私はこの「違う係の係長」の大のお気に入りになり、

お昼ご飯も時々おごってもらっていました(350円の職員食堂の定食ですが)

 

 

その2 「すっごくキレイな人ですね!」

 

選挙事務のバイト(という表現は不正確なのですが)にて。

自治体職員が各々の自宅の近所またはエリア内の投票所に割り振られることが多いため、

職員同士もご近所である確率が高く、何なら投票に来る人も人見知りが多いという

シチュエーションをご想像ください。

 

私はいわゆる「受付(投票用の入場はがきをチェックする)」係でしたので、

投票所に入ってくる人を一番先に確認できます。

何となく混み合う時間、ガラガラの時間、どちらでもない時間のうち、

「どちらでもない時間」に、ほっそりしているけれどお腹の大きい、

往年のドラマ『うちの子にかぎって…』で、

田村正和演じる「先生」の「妊娠中の若妻」を演じたときの森下愛子さんのような、

色白で何ともあえかな風情の美女が来ました。

年齢は私より幾つか上で、20代後半という感じでしょうか。

 

おお、きれいな人だなあと内心思ったのですが、

1人か、もしくはそこまで口を利いたことがない人と一緒だったなら、

多分「内心」で終わったことでしょう。

たまたまそのとき同じ係だった人は、同じ部署の先輩だったので、

何の気なしに口をついて出てしまいました。

 

「あの人すごくキレイじゃないですか?あの紺色のワンピースの人」

「ん?ああ、あの人はね…」

(ここで受付をしたため、会話が途切れました)

 

私は全く知らなかったのですが、実はその女性は、

2人いた名簿照合係(受付の後の段階)の男性のうちの1人…の奥様だったのです。

受付とは至近距離だったことと、ご自分の奥さんが入場というタイミングだったことで、

私の「ぼそっ」がナチュラルに耳に飛び込んできたので、

「オー、うちのワイフが褒められてるよ」

満更でもないお気持ちになったようです。

 

全く別の部署の方だったこともあり、

その日までその男性とは口も利いたことがなかったのですが、

その選挙翌日以降、職場の売店などで顔を合わせると、

「やあ、○○さん、今日もカワイイねえ!」というノリで、

やたら朗らかにあいさつされるようになりました。

(ご飯はおごってくれませんでしたが)

 

面白いのは、どちらも「知らずに奥様の若さや美貌を褒めた」ことが

きっかけだったことです。

奥様を褒められるのはやはり嬉しいものなんでしょう。

そして、お世辞ではないということが十分伝わったからこそ、

あそこまでのフレンドリーさを私のような者にまで振り撒いてくれたのではと。

何とも微笑ましい限りです。

 

我が夫婦は今日が結婚記念日です。

『少年アシベ』の父ちゃん&母ちゃんのように「愛を贈る」だけですが、

ついでにおかず上乗せサービスか、ケーキかワインでも買ってきますかね。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

メッセージはこちらから

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM