人の悪意にどこまで目をつぶれるか、という話

  • 2017.07.03 Monday
  • 10:01

 

現在請け負っている仕事の大半は、

支払その他の際に間にマッチングサイトを挟んでいるだけで、

(こうすることで、こちらの個人情報は

先方に最低限伝えるだけで事足りるということです)

インタビューにしろ、大規模なシンポジウム等にしろ、

発注しているのは、その関係者に近いところであり、

いわば「直接」依頼といえなくもない…と思うのですが、

例えば3年前まで主流だった会議録調製の会社では、

地方自治体→会社→私という感じで、

地方自治体と私の間では、

「作業をしているのはこの人」という情報の行き来はゼロでした。

 

ちょっと旧聞に属する1990年代の話ですが、

「どうなのよそれ」と思ったのは、

不審点を調べるために、直接自治体に電話をしたことが発覚し、

注意されるワーカーがいたということです。

正直、私もそれを何度かやったことがあるのですが、

ばれているのかいないのか、直接注意されたことはありません。

会議録調製のためという目的をぼかして問い合わせたので、

まあばれてはいなかったと思いますし、

注意されるほど悪いことをしたとも思っていません。

 

インターネットも一般的とはいえず、

リサーチといえば書籍と電話やファクスでの問い合わせが関の山だった時代に、

一番正しい答えが出そうなところに問い合わせて「ヤメロ」と言われましてもですね…

せめて目的をぼかして問い合わせろと注意するならともかく。

本当に現在はインターネット様々です。

 

また、別の事務所の話ですが、

孫請けであることで、嫌な思いをしたこともあります。

 

その事務所からの依頼で、毎年6月下旬、とある企業の株主総会に入っていました。

さほどもめ要素もない会社で、雛型どおりにしゃんしゃん30分程度で終わっていたし、

お弁当は出るし、ピストン輸送のタクシーで駅まで行けるし、

記念品までもらえるしで、なかなかおいしい仕事だったのですが、

ある年、先方の会社の担当者が替わったとき、

「去年までは仕上げが遅かったと聞いたのですが、今年は大丈夫ですか?」

と聞かれました。

 

遅いというのがどの程度を示しているのか知りませんが、

仕事が午前中に終わり、寄り道しないで午後1時には帰宅。

すぐ作業を始めて、見直しまで含めて遅くとも3時には終わり、

印刷物とフロッピーディスクを隣県の事務所に

「ヤマト翌日10時指定」で送り…という流れです。

その事務所がすぐにチェックして、すぐに先方企業に送ってくれれば、

2営業日で届く計算になるはず。

とはいえ、総会の時間を考えたら「30分だし即日でしょ」が本音かもしれません。

 

その会社の本社は東京にあるものの、

株主総会は私の地元から近いところでやるのが通例でした。

「いなか、の、じけん」ならぬ「いなか、の、そうかい」だったわけです。

成果物は現物を宅配便でやりとりが普通だった時代、

そのタイムラグも考えずに「遅い」と言っているのかもしれないと思い、

参考までにどのくらいかかったかを聞いてみたのですが、

「1、2週間って聞きましたけど」との返答でした。

 

いやいやいや、おかしいおかしい。

そこで私は思わず、当日すぐ作業をしてすぐ返していること。

ただし、私自身の作業自体は在宅のため、

かくかくしかじかで最速2営業日くらいで納品になるということを

ざっと説明しました。

「そうなんですか?2日くらいなら問題ないはずなんですけどね」

とのお返事でしたが、私の話を信じたのかどうかわかりません。

多分ですが、当時の事務所社長の性格を考えると、

納品が遅くなるのを全部作業者のせいにしていたと思われます。

(というか、どうせ発注元には私の存在はわからないんだから、

悪口言われても平気なんじゃないの?的なことを言われ、

キレかけたこともあります)

 

そんなこんなで、お互いにインターネットメール環境が整い、

添付ファイルでやりとりができるようになったまさにその年、

たまりにたまった不満(株主総会以外にもいろいろあったので)により、

その事務所とは契約を完全に切れました。

皮肉なもんです。

 

私が非の打ちどころのないパーフェクトなワーカーだったとは言いませんし、

上記すべて「私の言い分」ですから、当然、自分に都合のいい書き方しかしていません。

ただし、うそは1つも書いていません。

 

80年代に起きたリクルート事件では、関係した政治家お歴々の

「秘書がやったこと」という言い訳が流行語になったことがありました。

お話的にはやや小規模ですが、実際、役所勤めの時代、

ちょっとしたやりとりミスについて、何なら自分は1ミリも関係ないような案件でも、

私の前で堂々と「うちの女の子が」と言い訳している人を見たのは

一度や二度ではありません。

丸く収めるために、一番軽傷で済みそうな人のせいにするというのは、

感心はしないし、ムカッとも来るけれど、半ば当たり前だと思っていました。

(あ、リクルート事件みたいなのはさすがにアウトですよ)

 

責任転嫁やガス抜き悪口大会のターゲットにされがちな人がいます。

人というより「立場」と大くくりしてもいいでしょうか。

また、どんなに上にいて、みんなから尊敬されるべき立場でも、

世の中すべての人によく思われている人は1人もいません。

仮にみんなから「いい人」だと思われている人は、

ご本人の心に大分しわ寄せが来ているかもしれません。

人間関係も裁縫のタックと一緒で、どこかに調製部分がないと、

形として整わないのでしょう。

 

大人道とは、誰かの悪意にギリギリまで知らんぷりすることと見つけたり。

スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • 10:01
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    メッセージはこちらから

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM