私、本当は地元にいてほしかったけどね…『月がきれい』11話

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 14:31

 

アニメ『月がきれい』11話は、悩める受験生の物語でした。

 

主人公・小太郎が、付き合っている茜ちゃんを追って、

(茜ちゃんはお父さんの仕事の都合で引っ越す予定であることと、

陸上を続けるにはうってつけの学校ということで決定)

県外の私立高校の受験を決めるのですが、

小太郎の「決めた」は、自分の中で決定&茜ちゃんに決意表明どまりです。

 

学費の高い私立高校の上、超遠距離通学になるでしょう。

授業料は無償にできるのでは?とかいうツッコミはなしですよー。

学費は授業料だけじゃないし、制服から一切合財なかなか高い。

修学旅行だって、公立高校ですら海外が当たり前の時代です。

(実際、公立だったうちの長女もシンガポールでした)

遠距離だと交通費だってバカにならんでしょう。

もろもろの費用は誰が出すと思ってんでしょ、全く。

彼女より先にまず親に相談すべきではないでしょうか。

 

ついでに言うと、小太郎君は別にそんなに成績よくもないようなんすよね。

塾の模試の難易度はわからないけれど、国語が偏差値70近い好成績とはいえ、

苦手な数学は平均以下だし、ほかの科目もやっと平均を上回る程度。

全体で見ると、偏差値は55前後です。

(個票に「3科合計」「4科合計」「5科合計」って書いてあったけれど、

4科って初めて聞いた!社会を除いた点らしいけど、社会だけが受験科目にない学校あるの?)

母親が何となく思い描ていた地元の市立高校(推定偏差値50〜55?)ならまあ何とかでしょうが、

一足先に推薦で合格を決めた茜ちゃんの学校は偏差値オーバー60クラスです。

 

12月だから、これから追い込めば何とかなるでしょうが、

県外の私立を受験したいと三者面談で寝耳の水状態で言われた母親にしても、

「レベル的には問題なし!」ならまだ説得の余地もあるでしょうが、

レベルは追い付いてないわ、いきなり言うわ、

しかも志望動機が好きな子と同じ学校行きたい!だわで、そりゃ怒りますわいな。

 

私は一応、恋する中学生の味方ではありますが、

受験を2人合わせて4回経験した、子の親でもあります。

今回ばかりは小太郎母が声を荒らげる気持ち、

(CV井上喜久子さんで母の気迫十分!)

それはそれはよーくわかりますわー。

しかも県外私立となると、最初は自宅だとしても、

「通うのしんどいから近所に下宿したい」とか言い出しても不思議はありません。

ほかに選択肢がある状態で勝手して、しかもそんなこと言い出した日にゃ、

いくらかわいい我が子でも、張り倒したくもなるでしょう。

(いや、優しい喜久子ママが張り倒したわけではありませんが)

 

高校と就職ではちょっと事情が違うかもしれませんが、

うちの長女は入学時から一貫して公務員志望だったので、

大学3年から半年間講座を受け、4年生の5月くらいから夏にかけては試験三昧でした。

 

詳しくは言えませんが、国家が第一志望だったので、

筆記だ面接だで仙台に足を運んでは、

おいしいと評判の店でタルトを買ってきてくれ、

「いいの、ついでついで」みたいなことを言ってくれる、

土屋太鳳を小顔にしたようなクドい美人女子大生(親バカビジョン)ですぞ。

家を出る出ないはともかくとして、

本当は地元に就職してもらって、会いたいときにいつでも会いたい

――って思うのは、結構自然でしょう?

実際長女は地元の役所も受け合格もしたのですが、選んだのは国家の方でした。

「イカナイデヨ…」と、甘えん坊のカノジョみたいに

服の裾でも引っ張れれば楽だったんですが、

旦那も私も「そっちの方が向いてそう」と送り出すしかありませんでした。

次女はかなり寂しがったものの、「ま、仕方ないか」ってなもんです。

 

今でもほんの少し、「地元の方が何かといいんじゃないの?」と

ちょっとでも「説得」しようとしなかったことを後悔することもあります。

でも、長女自身が

「多分どっちを選んでも、あっちにすればよかったって後々思うことがあると思う。

だから、どっちかというと後悔要素が少なそうな方を選んだ」

と言い切っているのですから、それはもうどうしようもありません。

 

話は大分逸れましたが、

喜久子ママは別に自分の考えだけをがんがんに押し付ける人だけのではありません。

小太郎君もただの身勝手なバカ息子ではなく、ママさんにはママさんの愛情があり、

調整役のパパさんもいい感じで息子を諭し、いい感じの落としどころにたどり着きます。

頑張れコタロー君。多分、来週が最終回だと思われます。

どこにでもいそうな中学生の小さくて大きな悩みは、いかにして解消されるのか?

スポンサーサイト

  • 2017.11.06 Monday
  • 14:31
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    メッセージはこちらから

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM