これは私が悪いのか?

  • 2018.03.31 Saturday
  • 10:33

はるか昔、

レンタルビデオで映画を見るのが唯一の楽しみという地味な公務員だった頃。

 

自宅近くのショップで、

名作の呼び声高いとある古いフランス映画を借りたのですが、

退屈で全く好みではなく、

しかしレンタル料金分くらいは味わいたいと思って見進めたら、

途中で数分にわたってひどく画像が乱れた部分があり、困惑しました。

 

こんな状態になっているものを、早送りしたり巻き戻したりして

切れたらどうしよう…というのも懸念されたのですが、

とりあえず何とか早送りして、最後まで見てから

自動的に巻き戻されるのに任せ、テープが切れていないのを確認して

何とか返却しました。

 

不具合はありませんでしたか?

返却時にスタッフから必ず言われる常套句でしたので、

こちらとしてもいつも

「はい、大丈夫です」「OKでした」

などと形式的に返事をしていました。

でも、今回は違います。これは一言言っておかないとと思い、

○分目ぐらいのところで画像が2、3分乱れていました

と「障害報告」をした次第です。

すると、

ええ、そんなはずないんですけど…」とか、

機械がおかしかったんじゃないですか?」などと、

一体何を根拠にと思うような返しをされました。

 

断わっておきますが、

私は別にゴネ得クレーマーになるつもりはありませんでした。

ただ、このままの状態で商品棚に返したら、

誰かが分からず借りてしまうかもしれないし、

百歩譲ってうちのデッキがおかしかったとしても

(一部だけ乱れるようなトラブルがどうしたら起こるのか分かりませんが)

確認ぐらいはしてほしいなーという意図で言ったまでです。

さらに、

もしご不満なら、何か1本無料でお貸ししますけど〜

と重ねられ、ブチッと切れそうなのを抑えて、

「いえ、結構です」と返すのが精いっぱいでした。

 

ケチがついた気がして、先輩に勧められた職場の近くのショップの会員になり、

くだんの店は「あのときのスタッフのおっさんがいたら絶対借りない

というのを落としどころとしました。

 

それからウン十年後(というか、最近の話です)。

とある文房具店で、お気に入りのお手軽万年筆が安くなっていたので、

これ幸いにと、持っていない色を買おうとしたところ、

レジで値引きなしの値段(それでも定価よりは1割安いのですが)を言われたので、

あの…それ780円になっていますけど

と指摘したら、

あー、値付けミスですねー」とのことでした。

実は、その1割安い値段のものも並んでいたのですが、

それらは比較的「新色」だったので、

安くなっていた方は在庫処分なのだろうと勝手に判断していたのです。

それはさておき、大した差額ではないし、

「じゃ、イラネ」などと大人げないことを言おうとは思いませんでしたが、

精算後、「ほかにも安い値札がついているものがありましたよ」と一言言ったら、

は?で?」という顔をされたことや、

一言も謝ってもらえなかったことには、違和感しかありません。

 

このようなことを書くと、タイトルまで含めて

アンタ自分が悪いなんて思ってないでしょ?誘い受けウザッ、キモッ

相手の言動を悪意を持って盛ってるだけかもしれない。信用できない

という反応をされる可能性もありますが、甘んじて受け入れましょう。

 

はいはい、自分が悪いなんてぜーんぜん思っていませんよ。

また、このブログにおいて、

私は自分の言動を(フェイクの意味で)盛ることはありますが、

相手の言動を勝手に忖度して盛るようなことはしません。

例えば「は?で?」は個人的な感想だと指摘されればそれまでですが、

サービス業で同じような反応をされた経験のある方には

少しはご理解いただけるのではないかと思います。

 

そして、個人的にはこれが一番問題だと思うのですが、

相手が一言も謝罪しないと、

実はこっちが悪いのでは?と思ってしまう

という現象があります。

レンタルショップの件なら、

空気読まずに余計な仕事を増やすな

という意味にとれますし、後者の文具店なら…ああ、まあほぼ同じか。

自分は要らんことをして、勝手にイライラして、

あまつさえこんなところで愚痴ったりするちっぽけな人間なのだと

自己嫌悪に陥るばかりです。

 

何も考えないでペコリペコリしてしまう私には無理な話ですが、

「謝らない」ことで勝者になれる生き方は、

本当にストレスがなさそうなのに、

何でこんなにうらやましくないんでしょうか。

夢のお告げのイケメン声優

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 07:47

 

第1263回発表分のロト6で、合計2,000円当たりました。

 

 

そしてこちらが当籤番号です。

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/takarakuji/loto/loto6/index.html

 

今回の番号選びのもとになったのは、

仕事の合間の仮眠中、夢に出てきた2人のイケメン声優でした。

彼らの誕生日や年齢をもとに購入したところ、

どちらも1,000円当たり×2という、なかなか率のいい結果に。

400円しか使っていないので、結構歩留まりはよかったと思います。

 

夢の内容はというと、2人とも自分の息子ポジションだったのですが…。

 

あんまりスピリチュアル方面に話が行ってしまうのもアレですが、

夢に見た内容にちなむ宝くじを買って、「小当たり」した経験は今までにもあります。

それも、発表日が何回分かずれていることも多かったので、

今持っているマークシートそのままで

木曜日発表分も買ってみようかなどと画策しています。

 

とりあえず…ありがとう!羽多野渉さん&増田俊樹さん。

お二人そろって3月生まれだったことと、羽多野さんが13日生まれだったことに感謝します。

せっかくだから自分の誕生日も織り込みたかったので、

かぶったのを幸いに「13」をチョイスしたのが吉と出ました。

 

感謝の意味を込めて、今日の「お仕事BGMアニメマラソン再生()」は、

お二人そろって出演している作品(結構ある)を何か…と思ったけれど、

思えば、作品中でキャラ同士が絡んでいる描写がある作品があまり思い付きません。

『ひとりじめマイヒーロー』なら、明確に会話をしているシーンが思い付きましたが、

スマホ+Bluetoothスピーカーで再生という関係で、

「BLアニメをヘッドホンなしで見るのやめて(怒)」

娘からダメ出しをされる可能性が高いので、

『ハイキュー!』『ナナマルサンバツ』『アイドリッシュセブン』

あたりが無難でしょうか。

『ツキウタ。 THE ANIMATION』も捨て難いけれど、

昨日見たばかりだしなー。

 

アニメ見放題チャンネルで、

今まで最低2、3周する程度には見たこのある好きな作品を

連続再生で流し続けること。

ストーリーが頭に入っているので、アニメの方にばかり気を取られる可能性が低く、

1話23、4分でペースづくりもしやすい。

誰にでもお勧め、というわけにはいきませんが、私には向いているようです。

 

白髪を染めました&ダイソーで買ったことのあるモノ

  • 2018.03.25 Sunday
  • 11:22

あんまり真っ黒にもしたくなく、かといって赤味が強いのも違和感があるので、

「ビゲン香りのヘアカラー」の5A(深いアッシュブラウン)をチョイスしました。

どうやら新色で、同色のカラートリートメントも発売されているようなので、

次の「つなぎ」までは、これも使えそう。

 

もともと「パッチテストすっとばして大抵何とかなる」体質(皮膚質)なので、

フロントはがーっと大胆になでつけ、

リアの方は娘に300円お駄賃を渡して手伝ってもらいました。

素人染髪なのでカンペキというわけにはいかず、

手ぐしした指に、ときどき白髪が混じることはまだありますが、

その頻度自体は5分の1に軽減されているような実感があります。

ツンという鼻をつくにおいもなく、スピーディーに終わったし、

まあまあ満足といったところでしょうか。

多分、見た目3歳くらいは若返ったはず(個人の感想です)。

 

ところで、大昔、まだダイソーの店舗がちらほら出始めたかな、という程度の頃、

時々行っていたお店で、フィオルッチのカラートリートメントが売られていました。

どこかのお店の在庫処分品がダイソーに回ってきたのでしょうか。

ちょっと前にドラッグストアで800円で買ったのと同じ色を

少しずつ買いだめしたのを覚えています。

当然、お店に並んでいた分がなくなると、全く品物を置かなくなりました。

 

当時はまだ20代で白髪もほとんどなく、もともとの髪色がかなり黒強めだったせいか、

「ブルー」とか「パープル」と言われても、

それ風の艶が出ている…かな?出ている気がする?程度にしか分からない、

完全に自己満足なカラトリではありましたが、自己満足でも満足には変わりありません。

しばらく気に入って使っておりました。

 

ダイソーといえば、もう1つ思い出したのが、

「絶滅動物のイラスト入りグラス」という商品も、やはり在庫処分的に置かれていました。

細長いグラスにドードー鳥やニホンオオカミが描かれていたはず。

正直あまり好みの絵ではありませんでしたが、旦那が少しずつ集めていました。

その後のことは、言うまでもないかもしれませんが、

次々と割れていき、その商品自体がわが家から絶滅しました…とさ。

  • 0
    • -
    • -
    • -

    本日のセットリスト(何様だよ!)

    • 2018.03.18 Sunday
    • 23:08

    土日を挟むタイミングだったせいか、

    仮払いはおろか、契約の手続も未完了という案件があり、

    音源は手元にあるものの、着手をためらっていた午後。

    「せっかくだし、カラオケでも行かないかい?」と娘を誘い、

    3時間ほど楽しんできました。

     

    某カラオケの会員ページの履歴からから忠実にコピペしてきたのが、

    次の19曲です。

    娘と交互に歌ったので、実際にはこの倍ですが、

    3時間だと、さすがにかなりのボリュームになりますね。

     

     

     

    Ace of Asia/MASOCHISTIC ONO BAND

     

    p.s. i hate you・xxx/[reve parfait] Vo.King(CV:江口拓也)

     

    ヴィーナスとジーザス/やくしまるえつこ

     

    勇侠青春謳/ALI PROJECT 

     

    MAN ON THE MOON/R.E.M.

     

    サマーヌード/真心ブラザーズ

     

    恋愛サーキュレーション/千石撫子(花澤香菜)

     

    裏切りの夕焼け/THEATRE BROOK

     

    マイペース大王/manzo


    ボタン/PENGUIN RESEARCH

     

    名前を呼ぶよ/ラックライフ

     

    Dangerous Groove Six/MASOCHISTIC ONO BAND

     

    ハンマーソングと痛みの塔/BUMP OF CHICKEN

     

    ニンジーン Loves you yeah!/ランカ・リー=中島愛

     

    星のすみか/藍坊主

     

    トライアングラー/坂本真綾 

     

    青春は残酷じゃない/花江夏樹

     

    大魔法峠/田中ぷにえ(佐藤利奈)

     

    REASON FOR.../アポロン(CV:入野自由)、ハデス(CV:小野大輔)、月人(CV:上村祐翔)、

    尊(CV:豊永利行)、バルドル(CV:神谷浩史)、ロキ(CV:細谷佳正)

     

     

     

    19曲中14曲がアニソンまたはキャラソンで、

    残り5曲のうち2曲は、声優ラジオから生まれたエアバンドの曲、

    1曲が古い洋楽、2曲が「何か単に好きな曲」という結果となりました。

    すなわち、『サマーヌード』と『ハンマーソングと痛みの塔』です。

     

     

    我ながら世界が狭いというか何というか…

    おまけに、何歌ってもテンポが怪しいし。

     

    地味にろくでもない日(ぐちぐち)

    • 2018.03.08 Thursday
    • 07:46

    術後、高度治療室(HCU)のワンクッションを置いて、

    母が元の病室に移るらしいので、面会時間と仕事の納期をすり合わせ、

    今日も行く予定です。

     

    今日も、というのは、昨日3月7日も行ったから。

    私は田舎者のくせに、ある事情から免許も車も持っていないので、

    (年も年だし、これから先も持つことはないでしょう。

    私が「持てない」要因となっている人は、私と年齢が変わらないので、

    その人が亡くなる頃には、私もこの世にいないか超高齢かだろうし)

    旦那が勤務の日の移動は徒歩・自転車・公共交通の3択です。

    昨日は図書館に本を返したり、母の頼まれごとをすましたりする関係上、

    自転車にしました。

     

    ところで、私と母は、表面上はうまくいっていますが、

    私サイドだけで言わせてもらえれば、決して良好ではありません。

    もともと性格や考え方が合わない上に、

    年配者特有の過剰な心配性が私をいらつかせるのが主な原因です。

     

    単純な心配ならば、むしろありがたいと思うべきなのでしょうが、

    一言多いというか、いちいち神経を逆なでされる気がします。

    例えば自転車移動にしても、

    「遠い(家から病院までは通常ルートで6キロ程度)のに大変だね」

    程度ならもちろんいい、というか、ごく普通の会話なのですが、

    顔をしかめて「この寒いのに…」「遠いんだからタクシー使えばいいのに」

    「少しは年も考えな?」という調子で、

    要するに、こちらの選択を全否定される感じがしんどいんです。

    「はいはい」で流せればいいのですが、

    長年のその手の「蓄積」が私を意固地にさせているのでしょう。

     

    それでも最近は、そういう流れになるのが嫌で、

    「余計なことはしゃべらんとこ」で通しているせいか、

    そういうことも以前よりは少なくなりましたが、どこに地雷があるかわかりません。

    仕事忙しい+入院準備でバタバタという状況の中、それでも少し落ち着いた母が、

    白髪染めがおろそかになった私の前髪を見て、こう言い放ちました。

    「そんな頭みっともない。○○さん(旦那の名)は何も言わないの?」

    「あんたは若く見えるのだけが取り柄だったのに、それじゃいいとこなしだよ」

    あー…あははは…そりゃ面目なーい、とヘラヘラごまかしましたが、

    内心煮えくり返っておりました。

    その反面、頼み事をした後に、1回につき「悪いねえ」「ごめんねー」を3回は言うのがまた…

    「うるせえよ。わりーとおもってんならしょーもねえこと頼むなよ」が本音ですが、

    これはこれで「いいのいいの」で通すしかありません。

     

    昨日は慣れない近道をしたせいか、入り組んだ住宅街に入り込んで迷ったとき、

    さまざまなことが思い出されて、悔し涙が出てきました。

     

    高校時代、お付き合いしている人を家に連れていったとき、

    一体こんな子のどこがいいんですか?△△ちゃんの方が美人なのに)」

    たまたま彼と知り合ったとき、その△△ちゃんも一緒にいたのでこのいいぐさです。

     

    まだ私が中学生、兄が高校生のとき、大学受験の話の流れで、

    あんたもお兄ちゃんのお嫁さんは、短大ぐらい出ていた方がいいよね?

    と言われたのですが、当然中学生の女の子は、兄嫁の学歴には1ミリも興味がありません。

    ちなみに父は大学中退、母は高卒で、別に学歴至上主義ってわけでもありません。

    私自身は大学と短大を1校ずつ受けましたが、

    結局行ったのは学費の全くかからない文部省(当時)管轄外の学校でした。

    幸いなことに?大学も短大も私の頭の都合で不合格だったのですが、

    既に私立芸術系に行っていた兄の学費や仕送りで、

    我が家は相当アレなことになっていたので、

    もし入ったとしても、学費が払えず中退というのもあり得たでしょう。

    今になって言えるのは、

    「私が大学も短大も不合格でよかったね。バカだから入れなかったっていう言い訳が立って、

    子供の結婚相手に求めるものを自分の子供には施せない親、にはならないで済むもんね」

    という、ちょいとアクロバティックな恨み節です。

     

    私はあの面倒くさい母のために、何でこんなしんどい思いをして自転車漕いでるのか?

    今からでもやめちゃおっかなーと何度も思いました。

     

    ああ、とっておきはあれかな。

     

    旦那との結婚が決まったとき、私が1人でいるときに言った一言。

    幾ら親に愛されなかったからって、あんなつまんない人に逃げなくても

    そっか、やっぱり愛してなかったんかい。

    もっともこれも、上と下が喘息持ちの上、

    人の干渉を嫌うところが「手がかからん子」だと思われがちな私のことを、

    よくよく考えると、ほったらかしで悪かったなあ」と思いやっているという

    好意的な解釈も可能っちゃ可能なのです。

    本当なら「つまんない人」の方に怒るべきなのでしょうが、

    それは母の価値観なので、腹を立てるのも今さらな気がしたのでした。

     

    結婚して今年で28年ですが、母のあの言葉のおかげ?で、

    「意地でも離婚しない!」という持続力につながっております。

    母も「つまんない人」の運転する車で病院の送り迎えをしてもらったり、

    家の電気系統を見てもらったり、力仕事を頼んだりというのに

    疑問を持っていないのですから、なかなかいい性格です。

     

    HCUという性質上、長居はできないのが幸いですが、

    それでもイラッと台詞ノルマは欠かしません。さすがだ…

    あーあと思いつつ、そそくさと「また明日ね」と退散しました。

     

    気晴らしに入ったレストランのご飯はいまいち。

    確実だと思って大きな書店に行ったのに、目当ての本は欠品。

    某ケーキ店のオペラ(市内で売っている店が結構珍しい)がパサパサしてまずい…

    極め付けが、寒い中、長時間自転車を漕いだことによる足の痛みと倦怠感。

     

    考え方を変えれば、嫌なことがどこかに一点集中していた方が、

    後々「いいことばかりの日」が来る可能性もある、と思っておきます。

    • 0
      • -
      • -
      • -

      病院でアニメを見る

      • 2018.03.07 Wednesday
      • 08:01

       

      突然ですが、やっと母の手術(腎臓の腫瘍。幸いなことに良性だった)が終わりました。

      年齢が年齢なので、術後がまた心配ではありますが…
      プチ遠方ら単身赴任中で来られない弟に、LINEでざっとしたところを説明したら、
      もう生きててくれれば何でもいい。涙出てきた」と、母ちゃん子らしい返信があり、
      本当なら私も「めぐや(弟の名・もちろん仮名)…」と涙ぐむシチュエーションですが、

      なんやかやで、病院の背もたれの低いソファーに5時間ほど座りっぱなしで

      変な疲れ方をした私としては、

      ははは、相変わらず気楽な末っ子君だねぇ」というのが偽らざる本音です。

      実際、本当は何とか休みをとって来たかったのでしょう。

      もうすぐ娘(私から見たら姪)の中学校の卒業式ということで、

      一時的に帰ってくるらしいので、そのついでになるかな。

       

      疎遠&ぶっちゃけ不仲の兄にも一応メール(LINEやってなさそう)。

      この人は実は、名前検索すると結構いろいろ出てくる、

      日本では割と珍しいたぐいの片仮名職業でして、

      『さよなら絶望先生』の糸色倫ちゃんみたいに

      「お兄様かっこいー!」と高笑いしたくなる立ち位置の人です。

      (ハイパーメディアクリエイター、ではありません)

      多忙を極めていることは、十年以上コミットしていない私にも分かりますが、

      一応「時間つくって何とか行きます」の一言は引きだしました。

      おう、こいや。ほんでかわいい姪たち(つまり私や弟の娘)に小遣いでも置いていきな!

      という叫びは、上品に心の中だけで留めておきました。

       

      待機中は、仕事の連絡メッセージを確認したり、送ったり、

      アニメを見たりして過ごしました。

      『サンリオ男子』11話(最新話)と、

      『残響のテロル』5・6話(3周目くらい)です。

       

      術後、いったん外科集中治療室に移動した母に一声かけ、

      ひとまず家に帰ることにしましたが、

      少し根が詰まった感じになってしまった上に、気付いたら水分不足に陥っていて、

      帰る頃にはしつこい頭痛に悩まされました。

       

      家で待機していた旦那と娘が「これ食ってる」と

      スーパーのパック寿司の写真を送ってきていたので、

      私も自分の分として、8時過ぎて3割引になっていた同じ商品を買って帰りました。

       

      医療スタッフの皆さん口をそろえ、「とにかく早期離床!」と力説されています。

      こればかりは、母本人がリハビリを頑張るしかないしなあ。

      「まあ何とかなる」と思うことにします。

      • 0
        • -
        • -
        • -

        プロレタリアートの秘かな愉しみ

        • 2018.02.28 Wednesday
        • 14:51

        午後イチ納期の仕事を1本出して、少し遅いランチ。

         

        朝ごはんの残りのご飯、じゃがいもと玉ねぎ味噌汁、ゆず大根。

        ご飯はごま塩を入れて三角に結び、海苔をまいておむすびにしました。

         

        せっかくなので写真も撮ってアップしようと思ったのですが、

        あまりにも地味だったため、撮った瞬間に削除てしまいました。

         

        ランチのお供はdアニメストアの『学園ベビーシッターズ』8話です。

        育児経験があれば、「ざけんな」と言いたくなる描写も多いものの、

        愛らしい絵柄とホンワカした雰囲気で、何だか許せてしまいます。

        根本的に嫌な人間、悪い人間があまり出てこないというのも

        今期いやし枠としてエクセレーント、ファビュラースでございます。

        学園長が尊敬に値するツンデレババァというのも、

        ちょっとお約束っぽくてグッドですね。

        キューライスさんの漫画に登場する「シンデレラのツンデレ継母」みたい。

        http://www.q-rais.com/entry/2015/12/10/040000

         

        で、食べーの、見ーのして、こういう駄文を手すさびに書いたりして、

        息抜き兼ちょっとし備忘録作成にもなります。

         

        在宅でキーボード作業を始めて26年、

        インターネットを始めて19年になりますが、

        こんななーんてことない楽しみで心がほどけるようなライフスタイル、

        20年前も10年前も想像しておりませんでした。

        何だろうね、この多幸感。

         

        『学ベビ』再生終わったら、また仕事再開します。

        2月8日 午後の過ごし方

        • 2018.02.08 Thursday
        • 23:59

        午後1時半にノルマ分を完了して、

        2時頃、遅いお昼をしに駅前の老舗定食店に入りました。

        和・洋・中何でもござれで、笑っちゃうほどメニューの数が多い上に、

        日本酒の銘柄も豊富でした。

        次は家族で来たいけれど、名酒の数々は旦那の目の毒かも。

        鉄板ハンバーグ定食、910円。


        その後、郵送するのに必要な書類のとりまとめをするため、ドトールへ。

        ブレンドのMと、とあるスイーツ(後述)で440円。

         

        コーヒーを飲みほしてから、

        郵便出しと通販の振込をするため郵便局へ行きましたが、

        ATMの隣でいつまでもゴソゴソやっているおばちゃんがいたので閉口しました。

        「どうぞ使ってください」と言うけれど、

        「あなたがいなくなったらね」とか、

        「おばちゃん、そこどいて!こいつ振り込めない」

        と言い返すこともできず、「ああ…」と曖昧に笑っていたら、

        何とか立ち去ってくれました。

         

        だって、「やだくない」ですか?

        振込はゆうちょのキャッシュカード経由なのに、

        手元丸見えの位置に人がいるなんて。

        大した貯金額ではないけれど、抵抗ありますって。

         

         

        郵便局の隣の雑居ビルに、ビッグエコーが入っていたので、1時間だけ歌うことにしました。

        時間を読み誤ったようで、

        合流する約束だった娘から入室30分目ぐらいのところでLINEが入ったため、急遽出ることに。

        PENGUIN RESEARCHの『ボタン』と石川智晶の『アンインストール』は結構いい感じに歌えたし、

        ドリンクバーのレモンスカッシュも飲めたので、まあまあ満足。468円。

         

        今日ちょっと驚いたこと。

        ドトールってどら焼きも置いてるんだ!

        コーヒーとあんこの相性は抜群なので、

        そういう意味では驚くには当たらないのですが。

         

        今日は本当はお昼を食べた後、プラネタリウムに行きたかったのですが、

        残念ながら、自分の見たいプログラムとランチタイムがどっかぶりでした。

         

        • 0
          • -
          • -
          • -

          コンビニのトイレ 施設使用料

          • 2018.01.24 Wednesday
          • 16:24

          ツイッターを見ていたら、

          コンビニでトイレを借りるとき、ガムとか買う客って迷惑(バイト目線)

          と会社の後輩に言われた方のツイートがありまして、

          これに対しては、リツイートやリプライなどの反響も随分あったようです。

          意外と多かったのは、「レジ仕事増えて迷惑」というアルバイト経験者の声でした。

          その後考えを改めたという方も含め、結構上がっていました。

           

          思ったのですが、コンビニに行ったとき、

          そんなに店員さんのことを考えて行動するものでしょうか?

          ――と言うと誤解を招くかもしれませんが、

          私は「失礼な態度はとらないようにする」程度のことしか考えていません。

          宅急便を着払いでお願いしたとき、マゴマゴしてしまった新人さんを見て、

          悪いことしちゃったかな?」と思うことはありましたが、

          コンビニでそれを引き受けている以上、

          こちらもやってもらえるのを前提としてお願いするわけで、

          こういうことも想定しておいてよ〜」と思ってしまうのも本音です。

          大学時代コンビニでバイトをしていた娘が、

          店内であれこれ教えてもらったことを補完するために

          経験者の話が読めるサイトをネットでチェックしていた姿を見ていたので、

          そういうのが「普通」だと思っていたふしもあるのですが…。

           

          冗談半分の本音は、「客(仕事)は少なければ少ないほどいい」のようです。

          まあそれは分からないでもありません。

          客が来ようが来まいが時給しかもらえないとなれば、それはそうなりますね。

          では、トイレだけ使って何1つ買わない客や、

          うろついた上、ちゃっかり何やら万引きする客だらけでもいいのでしょうかね。

          レジ仕事を増やさない、「最高の」客ばかりではありませんか?

          もっといえば、だーれも来なければ、床を汚す客もいなくなりますから、

          掃除も少し楽かもしれません。

          レジ仕事がなければ、少しだけ楽できることでしょう。

          でも、言うまでもありませんが、そんな店は早晩つぶれますわな。

          そうすればバイト先を失うことになるわけですが、

          そもそもなぜバイト先にコンビニを選んだの?というところに戻ってきます。

           

          本音は本音として(冗談も含めて)受け止めるとして、客の立場から言えば、

          トイレ使うのに買い物する客は迷惑」などと言われる筋合いはありません。

          私もトイレだけが目的でコンビニに入ったとき、

          100円程度のものを必ず買うようにしていますが、施設使用料の代わりのつもりです。

          自分の家のトイレだって、もろもろ考えれば無料で用を足しているわけではないのですから、

          よそ様で借りるものに、ある程度の対価を支払うべきだと思うことを非難されるのは心外です。

          コンビニに限らず、買い物をする「ついでに」トイレを借りるくらいが一番罪悪感がありませんが、

          いつもいつもそういうわけにもいかないし、

          それならばと、ガムや栄養ドリンクをひっつかむわけです。

           

          ついでに言葉を重ねますと、

          たまたま少額のものを1つだけ買う客と、

          トイレを借りるついでに少額のものを1つ買う客とでは、

          本当のところ、どちらが迷惑ですか?と聞かれたら、

          迷惑だと公言する方は、一体どう答えるのでしょうか?

          • 0
            • -
            • -
            • -

            誰にも言わない2018年の抱負

            • 2018.01.04 Thursday
            • 11:22

            子供の頃、琴を習っていました。

            それだけ聞くと、どこのお嬢様だよと勘違いしてくださる方も

            たまーにいらっしゃいますが、

             

            祖母が子供の頃憧れて

            →娘(私の母)に習わせるために練習用のものを購入

            →それが家にたまたまあったので、「せっかくだから」孫(私)も

            という流れです。

             

            平調子の超カンタンな練習曲を弾き語りなどすると、

            祖母が大変喜んでくれましたが、

            私はひとえに正座が辛く、正直あんまり好きにはなれないまま、

            何となくやめてしまいました。

             

            後に「琴を習っている人は、大体同時に三味線も習っている」という

            常識なのか相場なのか、

            はたまたそれを発言した人の思い込みなのかという情報を得て、

            だったら私は三味線の方を習いたかった!と思いました。

             

            三味線は琴と違って持ち運びができ、立ったままでも演奏できます。

            (琴だってまあ、スタンドに乗せて椅子に座って演奏する人もいますが)

            沖縄物産のお店で見た「カンカラ三線」の演奏にも応用できるかもしれないし、

            何かと軽快というか、仰々しさがない感じがして

            自分には向いているのではと思ったからです。

             

            今調べてみたら、初心者練習用の三味線は2万円程度で買えるようです。

            が、教室を探すのも結構苦労しそうだし、

            今は楽器としてピンと来ないこともあり、あえて習いたいとは思いませんが、

            今年2018年は「何らかの楽器演奏を趣味に取り入れたいな」と密かに思っています。

             

            ブルースハープ、ハーモニカ、あるいはリコーダーなどなど、

            楽器自体がバッグの中に入りそうなサイズで、

            耳コピで好きな曲を手探りで演奏できそうなのを探してみます。

             

            郡山駅前がペデストリアンデッキになる前、

            バスターミナルはポツンとした「屋根付き離れ小島」だったのですが、

            そこで見事なハーモニカ演奏をしているおばあさんを見かけたことがあります。

            何となくですが、サローヤンの小説から登場人物が抜け出たような雰囲気でした。